【最新芸能ニュース】アイドル芸能スクープ

最新芸能ニュースからアイドルを中心とした芸能ニュースをピックアップ
『スポンサーサイト』『[N]水嶋ヒロ「賞金を辞退することにしました」作家デビュー作で賞金2000万円』のページ

姉妹サイト「【海外芸能】セレブゴシップニュース」オープン



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:

[N]水嶋ヒロ「賞金を辞退することにしました」作家デビュー作で賞金2000万円

水嶋ヒロさんが作家としてポプラ社小説大賞を受賞、賞金2000万円が贈られる予定でしたが水嶋ヒロさん本人が賞金を辞退していたことが分かりました。オットコ前ですね




11月1日に行われた発表会に現れた水嶋ヒロさん。
公の場に姿を見せるのは2ヶ月ぶり、所属事務所を退社してから初めてとなります

発表会は報道陣からの質疑応答は無し、水嶋ヒロさんから小説大賞受賞の挨拶が述べられました
「まず始めに、このような栄誉ある賞をいただき大変恐縮しております。
僕のこれからにとって大切な1本目となるこの作品が、大変光栄な事に数ある応募作品の中で大賞をいただけたという現実にまだまだ身震いをしている最中でございます。
水嶋ヒロという名前を伏せた上で応募に出していたので純粋に作品が評価されたという事実を何よりも嬉しく思っております。」

今回ポプラ社小説大賞に選ばれたのは水嶋ヒロさんが初めて書いた「KAGEROU」という作品
内容は明らかになっていませんが「命」をテーマにした小説だということです

水嶋ヒロさんは小説家としての思いを語りました。
「これからの思いは”命”という、誰にでもあてはまり、なおかつ最も大切なテーマを軸に、物作り活動をしていきます。
生意気かもしれませんが、少しでも社会貢献につなげていけたらなと願っております。」

水嶋ヒロさんの作品「KAGEROU」のどこが評価されたのか、日本テレビがポプラ社に取材、ポプラ社坂井宏先社長は「他の作品に比べてインパクトが強かった」と最初に読んだ印象を語り、あとで水嶋ヒロさんだったと知りとても驚いたとのこと。

そしてこの小説大賞の会見後、水嶋ヒロさんは賞金2000万円を「若い作家を育てるために有効活用してもらいたい」と賞金受け取りを辞退していたということです
これには坂井宏先社長も驚いたそうで「僕だったらもらっちゃうけど(笑)」


さらに会見では前所属事務所「研音」を退社した経緯が水嶋ヒロさんの口から語られました。
まず突然の退社で驚かせてしまった事に「大変申し訳ありませんでした」と謝罪、さらに「強く申し上げたいのは、前所属事務所と僕らの関係はあくまで良好です。」とし、一部報道されていた「絢香さんと電撃結婚発表してから事務所とトラブルになった」などの報道を否定、さらに退社に至った経緯を「クビ」などではなく「僕が自ら志願しました」と説明、「俳優業が中心でないライフスタイルを選んだ僕を後押ししてくれて本当に感謝しております」と誠実に一言一言、力強い言葉で語った水嶋ヒロさんでした。

ちなみに作家・水嶋ヒロ処女作「KAGEROU」の出版はいまのところ未定だということですが、発売したら間違いなくベストセラーになるでしょうから出版社としては絶好のタイミングを計っているところでしょう



参考記事
「水嶋ヒロ、大賞受賞会見が釈明会見に…」
9月20日に大手芸能事務所「研音」を退社した俳優の水嶋ヒロ(26)が、処女小説「KAGEROU」で「第5回ポプラ社小説大賞」を受賞し、1日、都内で受賞作発表会に出席した。退社以後、初めて公の場に登場した水嶋は、賞金2000万円の辞退を発表。受賞スピーチでは「(退社で)驚かせて申し訳ない」と騒動を謝罪し
Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101102-00000007-dal-ent

「水嶋ヒロ、「小説大賞」授賞式で騒動を謝罪」
「第5回ポプラ社小説大賞」の受賞作発表会が1日、都内で行われ、俳優・水嶋ヒロ(26)が出席した。「齋藤智(さとし)」のペンネーム(本名は齋藤智裕)で応募した小説「KAGEROU」で大賞に輝いた水嶋は、賞金2000万円の受け取りを辞退。公の場に登場するのは今年9月に所属事務所を退社して以来、初めてで、騒動を謝罪。今後は作家や俳優として幅広く活動していくという
Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101102-00000044-sph-ent

「水嶋ヒロ処女小説大賞!2000万円辞退」
今年9月、執筆活動を理由に所属事務所を退社した俳優、水嶋ヒロ(26)のデビュー作「KAGEROU」が第5回ポプラ社小説大賞に選ばれ、1日、東京・新宿区の同社で行われた発表会に出席した。退社後、初の公の場に現れた水嶋は賞金2000万円を辞退し、一連の騒動を謝罪。
Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101102-00000030-sanspo-ent

「作家水嶋ヒロ 賞金2000万円辞退」
処女作「KAGEROU」が第5回ポプラ社小説大賞に選ばれた俳優の水嶋ヒロ(26)が1日、都内で行われた受賞作発表会に出席した。賞金2000万円の受け取りは辞退した。報道陣の前に姿を見せたのは58日ぶりで、執筆活動を理由に前所属事務所からの退社を発表してから初めて。
Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101102-00000045-spn-ent

「水嶋ヒロ処女作、斬新ゆえに評価は賛否両論」
『第5回ポプラ社小説大賞』で4年ぶりの大賞を受賞し、鮮烈な作家デビューを飾った俳優・水嶋ヒロの処女作『KAGEROU』。本名・齋藤智裕名義で執筆し、ペンネーム・齋藤智として素性を隠して職業欄も無記名で応募し“実力”で審査員らを驚嘆させた。選考事務局は水嶋の作品を「テーマは命。ジャンルを飛び越えた新しい小説」と高く評価する一方で、
Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101101-00000017-oric-ent

「水嶋ヒロがポプラ社小説大賞 賞金は辞退」
9月20日に大手芸能事務所「研音」を退社した俳優の水嶋ヒロが、デビュー小説「KAGEROU」で「第5回ポプラ社小説大賞」を受賞し、1日、都内で受賞作発表会に出席した。
Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101101-00000057-dal-ent

「水嶋ヒロ「本名」で小説大賞応募 出版社は俳優だと知らなかったのか」
小説大賞を受けた俳優の水嶋ヒロさん(26)は会見で、俳優名を伏せて応募したと明かした。とはいえ、ネット上などの一部で知られていた実名を応募で書いていた。出版社は最終選考後まで知らなかったというが、本当なのか。
Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101101-00000007-jct-ent






Tag:水嶋ヒロ絢香研音退社小説家
blogram投票ボタンにほんブログ村 芸能ブログ 芸能一般情報へ 人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。