【最新芸能ニュース】アイドル芸能スクープ

最新芸能ニュースからアイドルを中心とした芸能ニュースをピックアップ
『スポンサーサイト』『[N]KARA3人、裁判に向け法律事務所をエンタメ専門の「ハンギョル」に変更』のページ

姉妹サイト「【海外芸能】セレブゴシップニュース」オープン



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:

[N]KARA3人、裁判に向け法律事務所をエンタメ専門の「ハンギョル」に変更

所属事務所DSPメディアを提訴したKARA3人が今後の本格的な訴訟に対応するため、法律事務所をこれまでの「ランドマーク」からエンターテイメント専門の法律事務所「ハンギョル」に変えていたことが分かりました


「ハンギョル」は昨年、男性グループ「SUPER JUNIOR(スーパージュニア)」のメンバー、ハンギョンさんが所属事務所SMエンタテインメントに対し、専属契約解除を求める訴えを起こした際、ハンギョンさんの弁護を担当、勝訴を勝ち取った法律事務所。
この時ハンギョンさんの弁護を担当したキム・ジンウク弁護士がKARA3人の弁護を引き受けたようだとキムさんの関係者が17日韓国メディアの取材に答えました

DSPメディアの弁護をする「セジョン」もかつてSMエンタを相手に東方神起の3人(JYJ)の弁護をし一部勝訴をもたらしました。
同じ相手と戦った両弁護士はそういう共通点から、親しい仲でもあるようです

なおKARA3人とDSPの間に韓国歌謡協会の大物テジン会長が仲裁に名乗りを上げています。
これまで自分を含めペヨンジュンさんやイ・ビョンホンさんなど韓国の俳優や歌手達により作り上げてきた日本での韓流ブームがKARA問題によって崩れようとしているとし、何とか両者の関係を修復させようと立ち上がったとか。
しかしテジンさんによる仲裁案に3人側は同意できないという意見を固めたと17日夜の報道では伝えられています。
ただ歌謡協会の方には18日正午に最終的な回答を出すということになっており、土壇場の逆転劇も考えられます。尚これを書いてる時点ではその回答は不明。

20110217003114_0.jpg

一方KARAはメンバー4人が17日午後に来日しました。
出国する金浦空港で4人は手を握り合いボディーガードに徹底ガードされ固い表情で何も語らず足早に空港をあとに。しかし日本に到着した4人は報道陣の質問には答えなかったもののファンに向かって手をふるなど余裕の表情。
これに怒っているのが韓国のファン。「なぜ日本だけで明るい姿なのか?」「日本のマスコミの前にのみ笑顔」「韓国のファンを考えてほしい」など疑問の声が高まっているようです


Tag:KARADSPメディア弁護士ハンギョルランドマークKARA対DSP
blogram投票ボタンにほんブログ村 芸能ブログ 芸能一般情報へ 人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。